該当する情報は 507 件ありました。

1-20 /507 前の一覧次の一覧

タイトル 価格 出版社 発刊日
1. 世界のCCU・カーボンリサイクル 最新業界レポート

な用途1.6 3Dプリンター向け樹脂用1.7 業界動向1.8 企業動向① Nature Works② Total Corbion PLA③ Eco-Products④ BASF⑤ 海正生物材料⑥ 豊原生物材料⑦ 光華偉業⑧ 科院生物⑨ 中糧生物科技⑩ weforyou⑪ Feterro⑫ Synbra Technology bv⑬ Henan Jindan Lactic Acid Technology⑭ BYK⑮ 帝人⑯ ハイケム⑰ 積水化成品工業⑱ 第一工業製薬⑲ 日精樹脂工業⑳ バイオワークス2 P...

170,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2021/09
2. 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発

題解決3.4 QCD対応第8節 タイヤ気柱共鳴音レゾネータの開発と世代進化1.第一世代デバイス技術概要2.第二世代デバイス技術概要3.デバイスの狙い4.システム構成と基本構造コンセプト5.樹脂製レゾネータ材料の選定6.第一世代技術内容6.1 消音機能6.2 強度機能と組付け性6.3 ホイール構造7.第二世代技術内容7.1 レゾネータ配置最適化7.2 レゾネータ形状最適化8.ロードノイズ低減...

80,000円+税 技術情報協会 2021/09
3. プラスチックリサイクル 世界の規制と対策・要素技術開発の動向と市場展望

術開発および各企業の取り組み事例 プラスチックの高次構造を保ったまま循環利用が可能なマテリアルリサイクル技術。多層フィルムや樹脂以外のごみとの分別が難しい廃プラスチックを液化やガス化し、ナフサ原料や化学品、樹脂原料として再利用するケミカルリサイクル技術。要素技術の基礎から実際の企業における取り組み事例、今後の展望まで幅広く解説。循...

55,000円+税 サイエンス&テクノロジー 2021/07
4. 電子機器の放熱・冷却技術と部材の開発

部材への適用2.2.1 熱伝導の方向性の制御2.2.2 垂直方向への熱伝導2.2.3 面方向への熱伝導3.グラフェン放熱部材と金属・樹脂とのハイブリッド3.1 ハイブリッド化による高強度化3.1.1 金属とのハイブリッド3.1.2 金属ハイブリッドの応用3.1.3 樹脂フィルムとのハイブリッド3.1.4 ベーパーチャンバーとの放熱性能比較第4節 高熱伝導性を有するヒートスプレッダー及び絶縁...

80,000円+税 技術情報協会 2021/07
5. マテリアルズインフォマティクスのためのデータ作成とその解析、応用事例

3 機械学習モデルの構築1.4 機械学習による原料配合比の設計2.結果2.1 予測精度検証2.2 原料配合設計の試行回数評価2節 マテリアルズ・インフォマティクスを用いた樹脂複合化への取り組み1.複合樹脂の特徴量2.機械学習を活用した逆解析3節 マテリアルズ・インフォマティクスを用いた高分子複合材料の弾性率の予測1.MIを活用した材料開発プロセスの革新2...

80,000円+税 技術情報協会 2021/07
6. 世界のCCS・CO2分離回収技術 最新業界レポート

研究動向5.3 業界分析5.4 Microporous organic polymers (MOPs)5.5 MMM(Mixed-Matrix Membrane)5.6 代表的な高分子材料5.6.1 酢酸セルロース5.6.2 ポリイミド5.6.3 ポリアセチレン5.6.4 デンドリマー5.6.5 フッ素樹脂5.7 開発動向① UOP② Air Liquide③ Air Products④ MTR⑤ TDA Research⑥ 東ソー⑦ EVONIC⑧ 富士フイルム⑨ 三菱ケミカル⑩ 東洋紡⑪ 日本バイリーン⑫ 住友電工ファインポリマー⑬ 宇部興産⑭ 住...

150,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2021/07
7. UV硬化樹脂の開発動向と応用展開

UV硬化樹脂の開発動向と応用展開〇材料・硬化技術・装置・評価など、高性能・高品質な硬化物を得るための要素技術〇コーティング・インク・接着剤・ナノインプリント・3Dプリンタ等の応用技術動向価格55,000円(税抜 50,000円)出版社サイエンス&テクノロジー→E-mailまたは郵送DM案内登録会員価格:47,500円+税発刊日2021年6月29日体裁B5判並製本 239頁ISBNコード978-4-86428-2...

50,000円+税 サイエンス&テクノロジー 2021/06
8. CFRPの用途別動向とビジネス戦略の再構築

熱硬化性樹脂2.1.1 エポキシ樹脂 ① Dow Automotive Systems(スイス) ② Hexion(米) ③ Hexcel(米) ④ Sicomin(仏) ⑤ Entropy Resins(米) ⑥ Huntsman(米)2.1.2 ビニルエステル樹脂2.1.3 フェノール樹脂2.1.4 シアネートエステル樹脂2.1.5 ビスマレイミド樹脂2.1.6 ポリイミド樹脂2.1.7 ベンゾオキサジン樹脂2.1.8 フタロニトリル樹脂2.2 熱可塑性樹脂2.2.1 ポ...

70,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2021/06
9. プラスチックリサイクルの技術開発とその取り組み、規制・施策動向、将来展望

チックの回収プロセス2.法制度によるプラスチックの発生と回収プロセス2.1 自動車リサイクル法から回収される樹脂と最適プロセス2.1.1 解体事業者由来のプラスチック2.1.2 シュレッダー業者由来のプラスチック2.2. 家電リサイクル法から回収される樹脂と最適プロセス2.2.1 MIXプラスチックの回収とその技術3.回収されたプラスチックのマテリアルリサイクル3.1 回収...

50,000円+税 AndTech 2021/06
10. 高分子材料の劣化・変色対策

響でどのように自動酸化劣化、変色が進むのか?・加水分解を促進させる要因とは何か?・溶剤、油、界面活性剤、その他の化学薬品によるクラックを防止するには?・熱硬化樹脂、熱可塑樹脂、複合材料など各材料の劣化メカニズムと安定化添加剤の最適処方・拮抗作用と相溶性、移行性を考慮した処方・酸化防止剤自体が変色した場合の対応・UVA/HALSの相乗効果と拮抗...

80,000円+税 技術情報協会 2021/05
11. 2021年 光機能材料・製品市場の全貌

剤の分野を網羅●モノマー、オリゴマー、レジストポリマー、添加剤を細分化●半導体プロセスの微細化に対する材料ニーズの変化●新規用途・グレードの開発状況調査対象A. 感光性樹脂 1. 半導体用フォトレジスト 2. バッファーコート膜・再配線形成材料 3. TFT形成レジスト 4. ブラックレジスト 5. カラーレジスト 6. 有機EL用絶縁膜材料 7. 有機EL用シール材(UV...

150,000円+税 富士経済 2021/03
12. UV・EB硬化技術の最新開発動向

監修有光晃二発行日2021年03月01日体裁B5判、345ページISBNコード978-4-7813-1595-9商品コードT1172※送料・支払い等について刊行にあたって著者一覧目次発刊にあたってUV・EB硬化とは、反応性樹脂に対しUV光またはEB照射を行うことにより、瞬時に3次元架橋構造を形成させる技術である。一般に、その工程を目にすることはほとんどないが、産業界では極めて重要な役割を担って...

57,000円+税 シーエムシー出版 2021/03
13. 2021年 高機能添加剤・複合材料の現状と将来展望

採用用途動向、メーカーシェア、海外動向、添加対象物など動向をまとめた。調査対象■調査対象品目調査対象対象品目A 機械的改善(15品目)ガラス繊維(熱可塑性樹脂用)、ガラス繊維(熱硬化性樹脂用)、炭素繊維(PAN系)、炭素繊維(ピッチ系)、アラミド繊維・パウダー、セルロースナノファイバー・ ナノクリスタル、摺動性付与剤、流動性改善剤、粘着性付与...

150,000円+税 富士キメラ総研 2021/03
14. 超撥水・超撥油・滑液性表面の技術(第2巻)

低表面張力液体に対し超撥液性を発現するさまざまな表面処理技術の研究・開発事例を豊富に解説 ◎摩耗に耐えられる凹凸構造、傷がついても内部から超撥水構造が露出 ◎従来の樹脂・金属成形や塗装・コーティングプロセスで超撥水性付与を可能とする手法 ◎加硫ゴム・シリコーンゴム表面への微細凹凸構造・超撥水性付与 ◎スマートテキスタイル等への応用...

50,000円+税 サイエンス&テクノロジー 2021/03
15. エレクトロスプレー/スピニング法とその応用 ―材料合成・成形・加工技術―

FI)法によるマイクロ樹脂型製造1 はじめに2 製造方法および実験条件2.1 エレクトロスピニングナノファイバー2.2 使用材料および作製条件2.3 Si製ナノインプリント型2.4 評価方法3 実験結果および考察3.1 ESナノファイバー紡糸条件3.2 ES-NFI法と注型法により作製したマイクロ樹脂型の表面形態3.3 ES-NFI法と注型法により作製したマイクロ樹脂型の断面形状3.4 ES-NF...

57,000円+税 シーエムシー出版 2021/03
16. 接着・接合の支配要因と最適化技術

め合せ接着の応力と変形挙動5. まとめ4 接着剤による異種材料接着技術:熱膨張係数制御と、弾性係数調整1. はじめに2. 異種材接着3. 1液熱硬化形エポキシ樹脂系接着剤4. 弾性接着剤5. 変成シリコーン樹脂系接着剤6. 自動車構造用として熱硬化におけるひずみ吸収7. 最後に5 接着接合継手の疲労特性に及ぼす被着体表面処理と平均荷重の影響1. はじめに2. 供...

65,000円+税 S&T出版 2021/02
17. 2021年 粘・接着剤市場の注力用途と環境対応動向

リコーン系接着剤、ウレタン樹脂系接着剤、シリル化ウレタン系弾性接着剤、エポキシ樹脂系接着剤、第2世代アクリル系接着剤(SGA)、紫外線硬化型接着剤、可視光硬化型接着剤、嫌気性接着剤 B.溶剤形(2品目)CR系溶剤形接着剤、非晶性ポリエステル樹脂(溶剤形) C.水性形(4品目)  アクリル樹脂系エマルジョン形接着剤、EVA樹脂系エマルジョン形接着剤、酢...

150,000円+税 富士経済 2021/02
18. 抗菌・抗ウイルス技術の開発・評価と 樹脂、繊維、塗料、フィルム等への製品応用

抗菌・抗ウイルス技術の開発・評価と 樹脂、繊維、塗料、フィルム等への製品応用~高機能コーティング・練り込み・後加工技術としての抗菌・抗ウイルス性付与~価格55,000円(税抜 50,000円)出版社AndTech発刊日2021年01月13日体裁B5 ,194ページ ソフトカバー番号AND030ISBN978-4-909118-23-3 ※送料・支払い等について 執筆者目次執筆者※敬称略射本 康夫(一財)日本繊維製品...

50,000円+税 AndTech 2021/01
19. 2021年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略

リアリルエーテルケトン(PAEK) 27. ポリテトラフルオロエチレン(PTFE) 28. 溶融フッ素樹脂 29. ポリベンゾイミダゾール(PBI)C. 機能性樹脂 30. 耐熱アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合樹脂(耐熱ABS) 31. 透明アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合樹脂(透明ABS) 32. ポリメタクリル酸メチル(PMMA) 33. 環状ポリオレフィン(COP・COC) 34. ...

150,000円+税 富士経済 2020/12
20. 操作・検査のタッチレス化/非接触化のための設計ポイントと最新動向

デルの学習、デバイス操作時の触覚提示技術などを、開発実例を交えて解説⇒各部材の特徴、設計ポイントや留意点、要求性能、製造・成型・加工技術、耐熱性と低複屈折性を備えた樹脂の適用検討、評価手法や光学シミュレーション結果、デバイスへの応用例 etc非接触での生体センシング技術及びデバイス設計開発のポイント・生体信号の処理と扱い方⇒前処理、デー...

63,000円+税 情報機構 2020/12

1-20 /507 前の一覧次の一覧