該当する情報は 122 件ありました。

1-20 /122 前の一覧次の一覧

タイトル 価格 出版社 発刊日
1. マテリアルズインフォマティクスのためのデータ作成とその解析、応用事例

似度に基づく物理量推定3.5 類似性尺度のノイズ耐性 第5章 高分子材料開発への応用事例◇1節 ポリマーの効率設計に向けたマテリアルズ・インフォマティクスの活用1.手法1.1 熱硬化性ポリウレタンフィルムの合成1.2 構造式と原料配合比の特徴量化1.3 機械学習モデルの構築1.4 機械学習による原料配合比の設計2.結果2.1 予測精度検証2.2 原料配合設計の試行回数評...

80,000円+税 技術情報協会 2021/07
2. プラスチックリサイクル 世界の規制と対策・要素技術開発の動向と市場展望

要性5.2 海外の透明蒸着フィルムメーカー5.3 国内の透明蒸着フィルムメーカー  おわりに第5章 廃プラスチックリサイクルにおける要素技術の開発動向第1節 常圧溶解法による熱硬化性樹脂のリサイクル技術はじめに1. 常圧溶解法の概要2. ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)3. 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)4. プリント配線板(PWB)5. 変圧器用モールドコ...

55,000円+税 サイエンス&テクノロジー 2021/07
3. CFRPの用途別動向とビジネス戦略の再構築

器3. ニュースリリース参考文献  第2章 CFRP業界の動向1. 素材メーカー(炭素繊維)1.1 生産能力1.2 2020年度の業績変化1.3 ニュースリリース2. 素材メーカー(プラスチック)2.1 熱硬化性樹脂2.1.1 エポキシ樹脂 ① Dow Automotive Systems(スイス) ② Hexion(米) ③ Hexcel(米) ④ Sicomin(仏) ⑤ Entropy Resins(米) ⑥ Huntsman(米)2.1.2 ビニルエステル樹...

70,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2021/06
4. 高分子材料の劣化・変色対策

オンなどの影響でどのように自動酸化劣化、変色が進むのか?・加水分解を促進させる要因とは何か?・溶剤、油、界面活性剤、その他の化学薬品によるクラックを防止するには?・熱硬化樹脂、熱可塑樹脂、複合材料など各材料の劣化メカニズムと安定化添加剤の最適処方・拮抗作用と相溶性、移行性を考慮した処方・酸化防止剤自体が変色した場合の対応・UVA/HALSの相...

80,000円+税 技術情報協会 2021/05
5. 2021年 高機能添加剤・複合材料の現状と将来展望

動向、メーカーシェア、海外動向、添加対象物など動向をまとめた。調査対象■調査対象品目調査対象対象品目A 機械的改善(15品目)ガラス繊維(熱可塑性樹脂用)、ガラス繊維(熱硬化性樹脂用)、炭素繊維(PAN系)、炭素繊維(ピッチ系)、アラミド繊維・パウダー、セルロースナノファイバー・ ナノクリスタル、摺動性付与剤、流動性改善剤、粘着性付与剤(タッ...

150,000円+税 富士キメラ総研 2021/03
6. UV・EB硬化技術の最新開発動向

い。その一方で、UV・EB硬化技術は成熟したと感じる技術者もいるようであるが、実際には、UV・EB硬化技術の高度化は絶え間なく進んでいる。影部分のUV硬化や、光による低温硬化で熱硬化に匹敵する耐熱性と機械的強度をもつ3次元架橋体の作製が求められるなど、要求性能はますます厳しくなる傾向にある。これに対応すべく各社が努力を重ねているが、その技術の詳細...

57,000円+税 シーエムシー出版 2021/03
7. 接着・接合の支配要因と最適化技術

の応力と変形挙動5. まとめ4 接着剤による異種材料接着技術:熱膨張係数制御と、弾性係数調整1. はじめに2. 異種材接着3. 1液熱硬化形エポキシ樹脂系接着剤4. 弾性接着剤5. 変成シリコーン樹脂系接着剤6. 自動車構造用として熱硬化におけるひずみ吸収7. 最後に5 接着接合継手の疲労特性に及ぼす被着体表面処理と平均荷重の影響1. はじめに2. 供試材および...

65,000円+税 S&T出版 2021/02
8. 2020 微粉体市場の現状と将来展望

リマー(9品目)アクリル、シリコーン、ポリウレタン、フッ素樹脂(低分子量PTFE)、超高分子量ポリエチレン、ポリアミド、その他熱可塑性微粒子(PS、PE、PES、PEEK、PPS、PAI)、その他熱硬化性樹脂微粒子(フェノール、ベンゾグアナミン・メラミン、全芳香族ポリエステル、PI)、高吸水性樹脂F.その他ナノ材料(2品目)カーボンナノチューブ、セルロースナノファイバー2...

150,000円+税 富士キメラ総研 2020/03
9. ラジカル重合を中心としたポリマー・微粒子・コーティング材の合成、応用、トラブル対策

レートの光潜在化Redoxフロンタル重合第8節 光が届きにくい部分(暗部)まで硬化する光ハイブリッド硬化システム1.暗部で硬化不良が起こる原因2.光デュアル硬化2.1 光硬化技術+熱硬化技術2.2 光硬化技術+湿気硬化技術3.光ハイブリッド硬化3.1 光ハイブリッド硬化とは3.2 暗部硬化への適用3.3 深部硬化性の向上3.4 黒色樹脂の厚膜硬化性の向上第9節 光精密ラジ...

80,000円+税 技術情報協会 2020/02
10. 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の開発と市場 2020

力発電ブレードなどの環境・エネルギー関連用途を牽引役とする産業用途が飛躍的に拡大し、大幅な成長が見込まれている。CFRPは使用されるマトリックス樹脂の種類で炭素繊維強化熱硬化性プラスチック(CFRTS)と炭素繊維強化熱可塑性プラスチック(CFRTP)に大別される。従来はCFRTSが主流であったが、近年ではCFRTPの開発が注目されている。その理由は、自動車のさら...

80,000円+税 シーエムシー出版 2019/12
11. 透明高分子材料の高屈折率化と屈折率制御

6 フルオレンによるエポキシ・アクリレート・ポリエステルの高屈折化6.1 はじめに6.2 フルオレンとは6.3 屈折率を高めるには6.4 高屈折率プラスチック6.4.1 熱可塑性樹脂6.4.2 熱硬化性樹脂6.4.3 光硬化性樹脂6.5 おわりに第3章 有機-無機ハイブリッドの設計と分散技術1 光およびX 線散乱法を用いたZrO2ナノ微粒子水分散液の特性解析1.1 緒言1.2 TEM 測定による特...

53,000円+税 シーエムシー出版 2019/12
12. 自動車用ケミカル&マテリアル市場調査総覧 2020

変化、加工技術の動向を把握し、今後必要とされる製品のニーズを把握することを調査目的とした。調査対象品目II-1.汎用樹脂6品目PP、PE、ABS・ASA・AES、PC/ABS、PMMA、PVCII-2.エンプラ・熱硬化性樹脂14品目PC、POM、PBT、PA6・PA66、PA11・PA12、耐熱PA、m-PPE、PPS・SPS、LCP、高耐熱樹脂、フッ素、エポキシ、ポリウレタン、不飽和ポリエステルII-3.合成ゴム・エラストマー12品目CR、EPDM...

150,000円+税 富士キメラ総研 2019/10
13. 発泡プラスチックの技術と市場 2019

ーム/トラブル対策/MuCell/断熱材/自動車部材/ポリ乳酸/セルロースナノファイバー/市場動向/断熱・保温性/緩衝・クッション性/軽量化/吸音性/熱可塑性樹脂フォーム/熱硬化性樹脂フォーム/発泡ゴム、エラストマー/エンジニアリングプラスチック/建築資材/土木資材/自動車/食品包装/搬送資材/工業資材/メーカー動向著者一覧秋元英郎秋元技...

80,000円+税 シーエムシー出版 2019/10
14. 自動車内装材とインテリアの快適性向上

制御2.6 粒子間架橋3.コア/シェルタイプPUDのブレンドタイプとの水中安定性比較3節 VOCを放散しないブロックイソシアネート、熱硬化樹脂の開発とその特徴1.自動車内装材に使用される熱硬化性樹脂1.1 変遷と課題1.2 求められる熱硬化性樹脂2.自動車内装材に適したブロックイソシアネート2.1 イソシアネートの選定2.2 ブロック剤の選定2.3 ブロックイソシアネ...

80,000円+税 技術情報協会 2019/09
15. 5G対応に向けた部材・材料・デバイス設計開発指針

ット材1.3 ふっ素樹脂材(PTFE:Poly Tetra Fluoro Ethylene)2.主な取り扱い会社と特性比較、価格など2.1 ROGERS/ARLON(米国)2.1.1 ROGERSの入手性、価格について2.1.2 ROGERS R04000シリーズ(熱硬化性樹脂)2.2 中興化成工業(日本)2.3 日本ピラー工業(日本)2.4 パナソニック(日本)2.4.1 パナソニック2.4.2 ミリ波向けR-5515について2.5 利昌工業(日本)3.用途や性能に応...

50,000円+税 情報機構 2019/09
16. 2019 ポリウレタン原料・製品の世界市場

レタンフォーム  3.ウレタン塗料  4.ウレタン塗膜防水材  5.グラビアインキ  6.ウレタン系接着剤  7.ウレタン系シーリング材  8.熱可塑性ポリウレタン  9.熱硬化性ウレタン  10.スパンデックス  11.合成皮革  12.人工皮革  13.ウレタンビーズ  14.電子基板用注型材調査項目 市場編(A.ポリオール、B.イソシアネート、C.中間原料...

150,000円+税 富士経済 2019/07
17. 炭素繊維およびその繊維複合材料における分析試験、評価解析に関する最新事例集

した炭素繊維複合材料の繊維配向方向の可視化手法1.繊維配向の評価方法1.1 X線CT1.2 電磁誘導加熱1.3 レーザスポット周期加熱法2.測定原理3.測定事例3.1 等方性試料と異方性試料(熱硬化性樹脂と連続繊維)の測定結果比較3.2 異方性試料(熱可塑性樹脂と不連続繊維)の測定結果比較3.3 CFRTPのウェルドライン測定結果3.4 ダンベル試験片の機械強度との相関性評価3.5...

80,000円+税 技術情報協会 2019/06
18. 次世代のポリマー・高分子開発、新しい用途展開と将来展望

IRイソシアヌレートの合成および反応性2.3 イソシアヌレートの硬化性2.4 室温での硬化性試験2.5 塗膜物性第2節 リグニン硬化エポキシ樹脂の電気・電子機器への適用可能性1.リグニンの熱硬化性樹脂への利用2.水蒸気爆砕リグニンの性状3.リグニンを硬化剤に用いたエポキシ樹脂硬化物の性状4.リグニンを硬化剤に用いたエポキシ樹脂硬化物の応用4.1 プリント回路基板への応...

80,000円+税 技術情報協会 2019/02
19. 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用

析技術1.6.1 Monostatic RCS1.6.2 Bistatic RCS1.7 まとめと今後の展開第3章 高周波対応基板の開発動向と低伝送損失化第1節 低誘電損失材料を用いた高周波デバイス用銅張積層板の開発1.熱硬化性PPE共重合体樹脂(アリル化PPE)2.不均一系酸化カップリング重合法によるアリル化PPEの重合3.低誘電損失樹脂複合化物の開発4.高周波デバイス用銅張積層板の開発5.今後の展望...

80,000円+税 技術情報協会 2019/01
20. “自動運転xEV”を支えるデバイス・部材の市場動向

ハイブリッド材料を使用した“マルチマテリアル”に対応した自動車の登場が見込まれる。本書では熱硬化性、及び熱可塑性CFRPを分析した。また、車載用で使用されるプラスチック材料の使用状況に変化が生じており、汎用プラ、エンプラ、スーパーエンプラ、熱硬化性樹脂の自動車向けプラスチック市場動向を予測した。 第6章「主要な自動車メーカーのビジネス戦略...

100,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2018/12

1-20 /122 前の一覧次の一覧