該当する情報は 349 件ありました。

1-20 /349 前の一覧次の一覧

タイトル 価格 出版社 発刊日
1. エレクトロスプレー/スピニング法とその応用 ―材料合成・成形・加工技術―

となりナノサイズの粒子が得られます。これを用いた導電性インクの薄膜形成やナノ印刷などの研究もされています。エレクトロスプレーは大気圧イオン化法の一つとしてタンパクや高分子をナノ粒子として噴霧し質量分析する手法にもともと利用されていました。このエレクトロスプレーは静電塗装と同じ原理です。エレクトロスピニングの研究が一段落した今日では...

57,000円+税 シーエムシー出版 2021/03
2. UV・EB硬化技術の最新開発動向

料16.1 はじめに16.2 易解体性接着材料の設計16.3 光に応答する易解体性接着材料16.3.1 光分解性ポリマー16.3.2 光応答性ポリマー16.3.3 光潜在性触媒16.4 おわりに17 アゾベンゼン高分子系固液相転移材料の合成と可逆接着剤への応用17.1 はじめに17.2 アゾベンゼン含有ホモポリマー17.3 アゾベンゼン含有ブロック共重合体17.4 まとめ18 光チオールエン反応による...

57,000円+税 シーエムシー出版 2021/03
3. 接着・接合の支配要因と最適化技術

章 接着・接合・密着の支配要因とメカニズム1 表面・接着界面における高分子鎖の状態の接着強度への影響1. はじめに2. 高分子の表面構造・状態2.1 表面からの界面の形成過程2.2 難接着非相溶高分子間の接着3. 表面組成変化と接着4. おわりに2 電子顕微鏡による高分子高分子高分子/金属接着界面のみえる化とメカニズム解析1. 接着界面とは2. 電子顕微...

65,000円+税 S&T出版 2021/02
4. 2021年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 エレクトロニクスフィルム編

2021年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 エレクトロニクスフィルム編価格165,000円(税抜 150,000円)出版社富士キメラ総研発刊日2021年1月28日体裁A4版 263ページ備考こちらの調査資料には書籍/PDF版セット 198,000円(税抜 180,000円)、ネットワークパッケージ版 330,000円(税抜 300,000円)がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関...

150,000円+税 富士キメラ総研 2021/01
5. 2021年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望

2021年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望ライフ・インダストリーフィルム編価格165,000円(税抜 150,000円)出版社富士キメラ総研発刊日2020年12月2日体裁A4版 291ページ備考こちらの調査資料には書籍/PDF版セット 198,000円(税抜 180,000円)、ネットワークパッケージ版 330,000円(税抜 300,000円)がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入くださ...

150,000円+税 富士キメラ総研 2020/12
6. 2021年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略

(税抜 300,000円)がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・2020年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望 ・2021年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 エレクトロニクスフィルム編※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『2021年 エンプラ市場の展望と...

150,000円+税 富士経済 2020/12
7. 高機能分離膜/フィルター関連技術・市場の全貌と将来予測 2020

(税抜 300,000円)がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・2020年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望 ・2021年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 ライフ・インダストリーフィルム編※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『高機能分離膜/フィル...

150,000円+税 富士経済 2020/12
8. 【デジタルプレス】サーキュラーエコノミーにおける次世代高精度選別技術の展望

ス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。関連書籍 ・2021年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略 ・2021年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 ライフ・インダストリーフィルム編※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『サーキュラーエコノミ...

300,000円+税 富士経済 2020/12
9. 添加剤による高分子材料の高機能化

添加剤による高分子材料の高機能化High-performanced Polymer Materials with Plastic Additives酸化防止、光安定、金属不活性化などプラスチックを安定化する添加剤を解説!難燃、透明化、機械的強度、柔軟性向上、帯電防止など新たな機能を付与する添加剤も解説!車載用、建築用などプラスチックの応用と添加剤の関連を解説!価格60,500円(税抜 55,000円)出版社シーエムシー出版監...

55,000円+税 シーエムシー出版 2020/11
10. 2020 次世代電池関連技術・市場の全貌

料市場への影響を分析[4]日系企業、海外企業における次世代電池関連技術に対する取り組みを整理調査対象次世代電池(全固体電池)1.硫化物系全固体電池2.酸化物系全固体電池3.高分子系全固体電池4.錯体水素化物系全固体電池(非リチウム系二次電池)1.金属空気二次電池2.ナトリウムイオン二次電池3.カリウムイオン二次電池4.マグネシウム二次電池5.フッ...

180,000円+税 富士経済 2020/10
11. 自動車樹脂化の最新動向

5.1 PA10T5.5.2 ポリアミド10T/115.6 ヒマシ油由来特殊ポリアミド5.6.1 植物由来透明ポリアミド5.6.2 植物由来ポリアミドエラストマー5.7 おわりに第6章 マルチマテリアル1 高機能高分子材料と複合化技術が拓く新しい可能性1.1 はじめに1.2 環境/車体の軽量化~粉体塗装技術を利用した、金属とナイロン類の複合化1.3 環境/配管1.3.1 プラスチック配管による軽量...

63,000円+税 シーエムシー出版 2020/10
12. シランカップリング剤の最新技術動向

としてのシランカップリング剤処理効果11.4 おわりに12 シランカップリングによるポリマー表面修飾と細胞接着制御技術12.1 緒言12.2 シランカップリング基を有する双性イオン型高分子を用いた生体物質非応答性表面の構築12.2.1 シランカップリング基を有する双性イオン型ポリマーの合成12.2.2 S-PCMBxおよびTMS-PCMBによりコーティングした表面の分析12.2.3 各種ポリマ...

53,000円+税 シーエムシー出版 2020/09
13. 2020年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望

,000円(税抜 170,000円)、ネットワークパッケージ版 330,000円(税抜 300,000円)がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・2021年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 ライフ・インダストリーフィルム編 ・高機能分離膜/フィルター関連技術・市場の全貌と将来予測 2020※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDF...

150,000円+税 富士キメラ総研 2020/08
14. ポリウレタン原料・製品の市場 2020

別生産能力と生産量・販売量1.3 ポリオールの流通形態1.4 ポリオールの海外メーカー<長鎖ポリオール>2 ポリエーテル系ポリオール2.1 ポリプロピレングリコール2.2 高純度・高分子量ポリプロピレングリコール2.3 ポリテトラメチレンエーテルグリコール2.4 ポリマーポリオール2.5 PHD ポリオール3 ポリエステル系ポリオール3.1 重縮合系ポリエステルポリオー...

70,000円+税 シーエムシー出版 2020/06
15. カーボンリサイクル CO2削減関連技術・材料市場の現状と将来展望 2020

術市場編(5品目)  化学吸収、物理吸収、物理吸着、膜分離、DAC(Direct Air Capture) IV.CO2分離材料市場編(5品目)  アミン吸収液、物理吸収液、活性炭、ゼオライト吸着材、高分子膜 V.CO2利活用市場編(13品目)  液化炭酸ガス、ドライアイス、超臨界CO2化、CCS、EOR、温室栽培、合成ガス化、尿素化、メタネーション、  メタノール化、ポリカーボネート、...

180,000円+税 富士経済 2020/05
16. 難燃剤・難燃材料の市場動向

内外の規制、使用方法、評価・試験法、難燃規格、安全性対策、新規材料の開発情報などについてわかりやすくまとめた技術・市場レポートとなっている。本書が難燃剤・難燃材料や高分子添加剤、プラスチックおよびプラスチック加工関連の研究開発に携わる方々のお役に立てましたら幸甚に存じます。(シーエムシー出版編集部)キーワード難燃剤/難燃材料/臭素...

70,000円+税 シーエムシー出版 2020/04
17. リグニン利活用のための最新技術動向

のための最新技術動向Recent Advances in Lignin Valorization様々な機能材料の素材として早期実用化が望まれるリグニン!再生可能資源として期待が高まる、最も豊富に存在する天然の芳香族高分子=リグニン!分布と構造解析、分解・抽出、応用展開など、あらゆる角度からリグニン利活用に向けた最新技術動向を詳細に解説!価格58,300円(税抜 53,000円)出版社シーエムシー出...

66,000円+税 シーエムシー出版 2020/03
18. 2020 微粉体市場の現状と将来展望

(湿式法)、窒化アルミニウム、窒化ケイ素、窒化ホウ素、炭化ケイ素、チタン酸バリウムE.ポリマー(9品目)アクリル、シリコーン、ポリウレタン、フッ素樹脂(低分子量PTFE)、超高分子量ポリエチレン、ポリアミド、その他熱可塑性微粒子(PS、PE、PES、PEEK、PPS、PAI)、その他熱硬化性樹脂微粒子(フェノール、ベンゾグアナミン・メラミン、全芳香族ポリエステル、P...

150,000円+税 富士キメラ総研 2020/03
19. ラジカル重合を中心としたポリマー・微粒子・コーティング材の合成、応用、トラブル対策

憲一(株)アクロエッジ富樫盛典(株)日立製作所押部義宏日本有機過酸化物工業会目次第1章 ラジカル重合の重合理論および反応メカニズム,その解説第1節 ラジカル重合による高分子材料の合成1.重合操作法1.1 塊状重合1.2 溶液重合1.3 乳化重合1.4 懸濁重合2.モノマー2.1 一置換モノマー2.2 1,1-二置換モノマー2.3 1,2-二置換モノマー、その他2.4 オリゴマー3....

80,000円+税 技術情報協会 2020/02
20. ポリマーアロイ・ポリマーブレンド ―設計技術と実用化事例―

ポリマーアロイ・ポリマーブレンド ―設計技術と実用化事例―Polymer Alloy / Polymer Blend ―Design Technology and Practical Applications―高性能・高機能な高分子材料を得るために欠かせないポリマーアロイ・ポリマーブレンド!高分子材料・プラスチック複合材料のマテリアルリサイクルの解決手段として注目され始めている!ポリマーアロイ・ポリマーブレンドの技術を昨今の地球...

53,000円+税 シーエムシー出版 2020/02

1-20 /349 前の一覧次の一覧