該当する情報は 338 件ありました。

1-20 /338 前の一覧次の一覧

タイトル 価格 出版社 発刊日
1. DX/サステナブル社会における有機エレクトロニクスの将来展望 2022

スカイト太陽電池、フレキシブル熱電変換シート、大型AMOLED、中小型AMOLED、電子ペーパー、ストレッチャブルディスプレイ、RFID、MID、導電性テキスタイル機能性有機材料6品目導電性高分子、CNT、グラフェン、フラーレン、有機半導体材料、有機圧電ポリマープリンテッドエレクトロニクス関連材料6品目金属ナノインク、ストレッチャブルペースト、低温実装用ペースト...

180,000円+税 富士キメラ総研 2022/02
2. 2022年 透明・特殊ポリマーの現状と将来展望

(33品目)A1 透明PP、A2 PMMA、A3 MS、A4 透明ABS、A5 AS、A6 SBC、A7 PC、A8 特殊PC、A9 共重合PET、A10 PEN、A11 フルオレン系ポリエステル、A12 PAR、A13 COP・COC、A14 PMP、A15 サルフォン系樹脂、A16 超高分子量PE、A17 PA46・PA6T・PA9T、A18 モノマーキャストPA、A19 透明PA、A20 PPS(コンパウンド)、A21 PPS(繊維・フィルム用)、A22 PEEK、A23 TPI(熱可塑性PI)、A24 透明PI、A25 変性PPE、A26 熱硬化性PPE...

150,000円+税 富士キメラ総研 2021/11
3. 金属ナノ粒子、微粒子の合成、調製と最新応用技術

ル分解速度とガス状物質生成速度の解析からの考察6.短時間超音波照射によるAuシードとAuナノロッドの生成第9節 溶液中での光還元による高分子ナノワイヤー上での金属ナノ粒子の直接形成1.イオンビームを利用した高分子ナノワイヤーの形成1.1 単一粒子ナノ加工法1.2 ポリビニルピロリドンナノワイヤー2.PVPナノワイヤー上でのAuナノ粒子形成3.PVP/Auナノワイ...

80,000円+税 技術情報協会 2021/10
4. 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発

ンドの物性4.「ハイブラー」 MAh-grafted typeの特徴第5節 熱可塑性ポリオレフィンを用いた制振材料の開発1.高分子制振材の基礎的な考え方1.1 高分子制振材の分類:非拘束型と拘束型1.1.1 2層構造:非拘束型高分子制振材料1.1.2 3層構造:拘束型高分子制振材1.2 高分子材料の粘弾性特性1.2.1 粘弾性特性の温度依存性と周波数依存性1.2.2 粘弾性特性の制御2.熱可塑性ポリオレフ...

80,000円+税 技術情報協会 2021/09
5. 2021年版 水資源関連市場の現状と将来展望

)、MBR(膜分離活性汚泥法)用膜、逆浸透膜(RO膜)/ナノろ過膜(NF膜)B.水処理薬品・副資材(国内市場/一部世界市場含む)(7品目) ボイラ・冷却水用薬品、水殺菌・消毒用薬品、無機凝集剤、高分子凝集剤、活性炭、イオン交換樹脂、EDIスタック(電気再生式イオン交換装置)C.水処理装置・プラント(国内市場/一部世界市場含む)(9品目) 純水製造装置/システム、超純水製造装置/シス...

150,000円+税 富士経済 2021/09
6. 世界のCCU・カーボンリサイクル 最新業界レポート

われる「液化炭酸ガス」と、食品や医薬品の低温輸送に使われる固体の「ドライアイス」がある。「超臨界CO2」は、高機能性溶媒として様々な分野で利用されている。有機合成反応や高分子合成の溶媒や反応剤としても用いられているが化学反応での利用は極めて少ない。 CO2から広く化成品・燃料合成へつなげる中間物質としては、「合成ガス(CO+H2)」や「メタノール...

170,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2021/09
7. マテリアルズインフォマティクスのためのデータ作成とその解析、応用事例

★データ収集の低コスト化、データの前処理、記述子の設計、モデルの予測精度向上!★高分子、金属、半導体、電池材料、触媒、医薬品・中間体の新材料探索、プロセス開発に向けて!マテリアルズインフォマティクスのためのデータ作成とその解析、応用事例価格88,000円(税抜 80,000円)出版社技術情報協会発刊日2021年7月30日体裁A4判 500ページISBNコード978-4-86104-854-8商...

80,000円+税 技術情報協会 2021/07
8. 世界のCCS・CO2分離回収技術 最新業界レポート

2の分離・回収法のコストを比較分析!IGCC, BECCSなどの今後の技術とCCSとの関係, 参入する企業, 及び業界動向を追った!CO2分離膜に使用されている, 酢酸セルロースやポリイミドなどの高分子膜の開発状況とは!ゼオライト, シリカ, 炭素などの無機膜の種類, 性能実績, 及び, 開発・業界動向を詳述!三次回収におけるCO2のマイクロバブル技術化(CO2EOR・CCS)の実際の現場, ...

150,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2021/07
9. 電子機器の放熱・冷却技術と部材の開発

河電気工業 (株)井原 郁夫長岡技術科学大学香川 勝彦(株)昭和丸筒遠藤 亮(株)東レリサーチセンター向 史博バンドー化学(株)近藤 良夫(株)ワイティーエル小林 真吾富士高分子工業 (株)平沢 浩一 KOA(株)山田 岳史(株)ADEKA鯉渕 道紘国立情報学研究所中根 幸治福井大学池田 昌弘高砂熱学工業(株)河野 謙太郎千代田インテグレ(株)坂本 裕樹日本フォーム...

80,000円+税 技術情報協会 2021/07
10. プラスチックリサイクル 世界の規制と対策・要素技術開発の動向と市場展望

技術とそのスケールアップ  まとめ ~脱炭素社会に向けて~第4節 物理劣化・物理再生理論による廃プラの高度マテリアルリサイクル技術はじめに1. 物理劣化・物理再生理論と高分子の自己再生能力2. 自己再生能力を適用した高度ペレタイズプロセス  まとめ第5節 ラマン分光によるプラスチック識別技術と装置開発事例はじめに1. プラスチックの光学識別1.1...

55,000円+税 サイエンス&テクノロジー 2021/07
11. UV硬化樹脂の開発動向と応用展開

樹脂を材料とした3Dプリンティング技術を中心に、種類・材料技術と開発動向について詳述。 工業材料や医療モデルとして注目されているが、加工の難しさから利用が限られていた高分子ゲル。液槽重合法によるゲル3Dプリンティング技術により、新規材料としての開発が加速する中、要素技術の開発動向とその応用を解説。書籍趣旨 2015年にSDGs(持続可能な開発目標...

50,000円+税 サイエンス&テクノロジー 2021/06
12. CFRPの用途別動向とビジネス戦略の再構築

になってきている。 このような状況に対応する、CFRPの需要家・サプライチェーンの動向をまとめた平野康雄著 者平野 康雄【著者略歴】 1981年 大阪大学大学院 修士課程修了(高分子化学専攻)同年 宇部興産㈱ 勤務。自動車、航空機用繊維強化プラスチックの製品開発に従事。 1988年 米国デラウェア大学より工学博士号授与(CFRPの力学特性専攻)。 1992年 ㈱...

70,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2021/06
13. 高分子材料の劣化・変色対策

●持続可能な社会へ向けた高分子の材料設計、安全性、長寿命化を徹底解説!●劣化を決定づける因子について詳解します!高分子材料の劣化・変色対策劣化発生メカニズム、添加剤の最適処方、製品トラブルと対策、分析・評価価格88,000円(税抜 80,000円)出版社技術情報協会発刊日2021年5月31日体裁A4判 547ページISBNコード978-4-86104-841-8商品コード2104 ※送料・支払い等に...

80,000円+税 技術情報協会 2021/05
14. エレクトロスプレー/スピニング法とその応用 ―材料合成・成形・加工技術―

となりナノサイズの粒子が得られます。これを用いた導電性インクの薄膜形成やナノ印刷などの研究もされています。エレクトロスプレーは大気圧イオン化法の一つとしてタンパクや高分子をナノ粒子として噴霧し質量分析する手法にもともと利用されていました。このエレクトロスプレーは静電塗装と同じ原理です。エレクトロスピニングの研究が一段落した今日では...

57,000円+税 シーエムシー出版 2021/03
15. 2021年 高機能添加剤・複合材料の現状と将来展望

ファイヤー)、α-オレフィンコポリマー、相溶化剤(オレフィン用)、相溶化剤(エンプラ用)、PP用結晶核剤、生分解性添加剤B 電気的機能(4品目)帯電防止剤(低分子・高分子・導電性高分子)、帯電防止剤(無機系)、導電性カーボンブラック、CNT(カーボンナノチューブ)C 熱的機能(6品目)難燃剤(臭素系)、難燃剤(リン系)、難燃剤(三酸化アンチモン)、...

150,000円+税 富士キメラ総研 2021/03
16. UV・EB硬化技術の最新開発動向

料16.1 はじめに16.2 易解体性接着材料の設計16.3 光に応答する易解体性接着材料16.3.1 光分解性ポリマー16.3.2 光応答性ポリマー16.3.3 光潜在性触媒16.4 おわりに17 アゾベンゼン高分子系固液相転移材料の合成と可逆接着剤への応用17.1 はじめに17.2 アゾベンゼン含有ホモポリマー17.3 アゾベンゼン含有ブロック共重合体17.4 まとめ18 光チオールエン反応による...

57,000円+税 シーエムシー出版 2021/03
17. 超撥水・超撥油・滑液性表面の技術(第2巻)

olyPhe不織布の開発3. 本技術の応用展望おわりに第4節 側鎖結晶性ブロック共重合体を用いた化学的修飾によるポリエチレンフィルム・不織布への強撥水性付与はじめに1. 実験1.1 結晶性高分子について1.2 既往の研究による知見2. 実験2.1 SCCBCの重合2.2 表面改質方法3. 結果および考察3.1 LLDPEフィルム表面の改質結果3.2 PE不織布表面の改質結果3.3 改質PE不織布の水蒸気透過度評価...

50,000円+税 サイエンス&テクノロジー 2021/03
18. 接着・接合の支配要因と最適化技術

章 接着・接合・密着の支配要因とメカニズム1 表面・接着界面における高分子鎖の状態の接着強度への影響1. はじめに2. 高分子の表面構造・状態2.1 表面からの界面の形成過程2.2 難接着非相溶高分子間の接着3. 表面組成変化と接着4. おわりに2 電子顕微鏡による高分子高分子高分子/金属接着界面のみえる化とメカニズム解析1. 接着界面とは2. 電子顕微...

65,000円+税 S&T出版 2021/02
19. 2021年 粘・接着剤市場の注力用途と環境対応動向

着剤、非晶性ポリエステル樹脂(溶剤形) C.水性形(4品目)  アクリル樹脂系エマルジョン形接着剤、EVA樹脂系エマルジョン形接着剤、酢酸ビニル系エマルジョン形接着剤、水性高分子-イソシアネート系接着剤 D.縮合形(3品目)  ユリア樹脂系接着剤、メラミン樹脂系接着剤、フェノール樹脂系接着剤 E.ホットメルト形(10品目)  ウレタン樹脂系反応型ホッ...

150,000円+税 富士経済 2021/02
20. 【デジタルプレス】EV/PHEV充電インフラの国別整備実態と普及計画 2021

はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。関連書籍 ・2021年 粘・接着剤市場の注力用途と環境対応動向 ・2021年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 エレクトロニクスフィルム編※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ【デジタルプレス】『EV/PHEV充電...

300,000円+税 富士経済 2021/02

1-20 /338 前の一覧次の一覧