該当する情報は 304 件ありました。

1-20 /304 前の一覧次の一覧

タイトル 価格 出版社 発刊日
1. 高分子添加剤の技術と市場 2018

高分子添加剤の技術と市場 2018Technology & Market of Polymer Additives 2018酸化防止、光安定、金属不活性化などプラスチックの機能を維持する添加剤を解説!難燃、透明化、機械的強度、柔軟性向上、帯電防止など新たな機能を付与する添加剤も解説!さらに生産、需要、メーカー、価格など高分子添加剤の市場動向を解説!価格85,000円+税出版社シーエムシー出版発行日2018年05月...

85,000円+税 シーエムシー出版 2018/05
2. 自動車室内の快適性向上に向けた材料開発と感性評価

塗装の事例3.車室内熱環境緩和効果3.1 日射反射率向上による効果の実測3.2 自動車用高反射率塗装による効果の実測3.3 走行時における効果の実測4.カーエアコンの小型化9節 発泡高分子系断熱材の特性及び断熱性の改善2.発泡樹脂の概要2.1 発泡成形技術(発泡成形法)の分類2.2 発泡樹脂の全体需要動向3.自動車分野における発泡樹脂の位置付け3.1 自動車分野の発...

80,000円+税 技術情報協会 2018/04
3. 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018

キシ樹脂(EP)3.5 その他プラスチック3.5.1 炭素繊維強化プラスチック(CFR(T)P)3.5.2 バイオマスプラスチック3.5.3 熱可塑性エラストマー(TPE)3.5.4 その他のプラスチック等の高分子材料4章 自動車用プラスチック構成部品と用途例4.1 内装部品(1)概要(2)インストルメントパネル(インパネ)(3)ドアトリム(4)シート4.2 外装部品(フロント周辺、エアロ...

90,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2018/04
4. マテリアルズ・インフォマティクス

電池・半導体・高分子・医薬品など材料開発の最前線!AI・機械学習 等データ科学が物質・材料研究にもたらすものとは?各種企業、大学、研究開発法人の第一線で活躍する執筆陣が送る必読の書!マテリアルズ・インフォマティクス~データ科学と計算・実験の融合による材料開発~価格54,000円+税出版社情報機構発刊日2018年03月23日体裁B5判 237ページISBN978-4-86502-147-9書...

54,000円+税 情報機構 2018/03
5. 二酸化炭素・水素分離膜の開発と応用

喜多英敏ISBNコード978-4-7813-1321-4商品コードT1071※送料・支払い等について刊行にあたって著者一覧目次発刊にあたって膜による気体分離は1970年代後半の水素分離膜の実用化以来、有機高分子膜が主に用いられてきたが、近年は高選択かつ高透過性の気体分離膜を得るための新しい膜材料の設計指針の探索が続けられ、オングストロームサイズの細孔による分子ふるい能を...

74,000円+税 シーエムシー出版 2018/03
6. 発泡樹脂、多孔性樹脂の高強度化と応用技術

3.トラブル対策の事例3.1 本稿におけるトラブル対策の表し方3.2 溶融発泡成形法、固相泡成形法及び注型発泡成形法のトラブル対策4.発泡成形における品質向上対策例4.1 高純度・高分子量ポリオールの展開事例4.2 自動車用座席の乗り心地の改善事例4.3 へたり特性の改善事例4.4 新しい難燃化研究事例4節 射出発泡成形品の不良現象内部および表面の不良現象1.射出...

70,000円+税 技術情報協会 2018/03
7. セルロースナノファイバー

スナノファイバーを用いたHuisgenクリック反応第7節 高分子結晶での被覆によるセルロースナノファイバーの表面改質1.PVA結晶で被覆したCNF(NCF(CNF/PVA))の作製と複合体フィルムへの応用1.1 作製法と得られた試料の特徴1.2 NCF(CNF/PVA)をフィラーとして利用した複合体フィルムの作製と物性評価2.種々の高分子結晶を用いたCNFの表面改質2.1 エチレン-ビニルアルコ...

55,000円+税 情報機構 2018/02
8. 【デジタルプレス】次世代分離膜・選択的吸着技術開発の最新動向

3ページ備考こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。関連書籍 ・2017年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 ・高機能分離膜/フィルター関連技術・市場の全貌と将来予測 2016※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調...

300,000円+税 富士経済 2018/02
9. 樹脂/繊維複合材料の界面制御、成形加工と評価

元孝ミズノ(株)河本基一郎コマツ産機(株)黄木景二愛媛大学塩谷正俊東京工業大学一ノ瀬規世(株)JSOL井上玲東洋機械金属(株)目次第1章 樹脂/繊維複合材料の界面制御1節 高分子/強化繊維複合材料の疲労特性と破壊メカニズム1.二つの疲労1.1 変動(繰り返し)荷重/応力1.2 静疲労と繰り返し荷重下の疲労2.繊維強化複合材料(F-PMC)の典型的な疲労特性2.1...

80,000円+税 技術情報協会 2018/01
10. 2018年 粘・接着剤市場の展望と注力用途分野動向

  11.非晶性ポリエステル樹脂  【水性形】  12.アクリル樹脂系エマルジョン形接着剤  13.EVA樹脂系エマルジョン形接着剤  14.酢酸ビニル系エマルジョン形接着剤  15.水性高分子-イソシアネート系接着剤  【縮合形】  16.ユリア樹脂系接着剤  17.メラミン樹脂系接着剤  18.フェノール樹脂系接着剤  【ホットメルト形】  19.ウレタン樹脂系反応型...

150,000円+税 富士経済 2018/01
11. 2018 フレキシブル/有機/プリンテッドエレクトロニクスの将来展望

PMOLED、電子ペーパー、有機EL照明、導電性テキスタイルプリンテッドエレクトロニクス関連材料11品目導電性メタルペースト、ストレッチャブルペースト、導電性ナノインク、導電性高分子、CNT、グラフェン、有機圧電ポリマー、有機半導体材料、絶縁性インク、ナノインプリント用樹脂材料、3Dプリンター用造形材料有機EL関連材料5品目蒸着型有機EL発光材料、塗布型有機...

120,000円+税 富士キメラ総研 2018/01
12. UV硬化樹脂の配合設計、特性評価と新しい応用

3.UVラジカル硬化-UV硬化ではなぜラジカル重合がよく利用されるのか-3.1 光開始・熱硬化反応の特長 -UV硬化速度を上げる方法、下げる方法は-3.2 モノマーおよびオリゴマーの選択-高分子の構造とセグメント運動-モノマーおよびオリゴマーの選択法-硬化収縮とその対策-フォーミュレーションの具体例-酸素硬化阻害対策法:添加物の利用-UV硬化物の黄変と硬化物の耐候...

80,000円+税 技術情報協会 2017/11
13. 異種材料の接着・接合技術とマルチマテリアル化

ルゴムとの密着性1.5.2 めっき膜との密着性1.5.3 金属インク膜と金属ペースト膜の接着性1.6 熱アシストプラズマ処理したフッ素樹脂の改質寿命第3節 高分子と無機材料の光活性化異種接合1.真空紫外光による高分子材料表面の接合活性化2.金属とCOPの光活性化表面接合3.表面平滑化の効果第6章 摩擦エネルギー、レーザーを利用した樹脂/金属の接合技術とそのメカニ...

80,000円+税 技術情報協会 2017/10
14. 2017 ディスプレイ関連市場の現状と将来展望 (下巻)

D関連部材9品目円偏光板(OLED用)、円偏光板保護フィルム(OLED用)、ポリイミドワニス/フィルム(OLED用)、低分子発光材料(EML)、正孔注入材料(HIL)、正孔輸送材料(HTL)、電子輸送材料(ETL)、高分子発光材料、封止材(OLED用)タッチパネル関連部材8品目カバーガラス(元板)、ハードコートフィルム・IMフィルム、インデックスマッチングコート剤、ITOフィルム、メタルメッシュフ...

120,000円+税 富士キメラ総研 2017/10
15. レドックスフロー電池の開発動向

第2世代レドックスフロー電池の電極流路構造3.3 まとめ3.4 謝辞4 レドックスフロー電池の応用としての間接型燃料電池4.1 「間接型燃料電池」の概念4.2 固体高分子型燃料電池の原理と課題4.3 固体高分子型燃料電池の課題解決の一手段としての間接型燃料電池4.4 間接型燃料電池の開発課題4.5 アノード(燃料極)側の間接化の研究動向4.6 カソード(酸素極)側の...

74,000円+税 シーエムシー出版 2017/09
16. スポーツ・レジャー関連先端素材/技術・ITデバイス市場の現状と将来性 2017

.吸汗速乾素材  3.撥水素材  4.クーリング素材  5.ストレッチ素材  6.抗菌・防臭・消臭素材  7.UVカット素材  8.吸湿発熱/蓄熱保温素材  9.LCP繊維  10.超高分子量PE繊維  11.PAN系炭素繊維  12.ガラス繊維  B.樹脂・エラストマー系素材  1.エチレン系アイオノマー  2.熱可塑性ポリウレタン  3.ポリアミド系エラストマー ...

150,000円+税 富士経済 2017/08
17. 光学樹脂の屈折率、複屈折制御技術

クノ目次第1章 高分子材料における偏光・屈折・複屈折現象の基礎1.光の屈折1.1 屈折と反射1.2 屈折率と分極率1.3 屈折率の波長依存性1.4 測定方法2.偏光2.1 偏光の種類2.2 偏光制御3.複屈折3.1 複屈折現象3.2 分極率差と複屈折3.3 複屈折の波長依存性3.4 測定方法3.4.1 直交ニコルによる強度法3.4.2 セナルモン法3.4.3 その他の測定法3.5 高分子の複屈折第2章 分...

80,000円+税 技術情報協会 2017/07
18. 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集

幸大阪大学宇山浩信越化学工業(株)山田哲郎金沢大学鈴木栞三菱ケミカル(株)加門良啓徳島大学田中均(株)クラレ元田哲史目次第1章 高分子合成、重合反応の基礎第1節 高分子の合成反応の考え方1.重合反応による高分子材料の分子設計2.重合反応の種類と特徴2.1 付加重合2.1.1 ラジカル重合2.1.2 アニオン重合2.1.3 カチオン重合2.1.4 配位重合2.1.5 開環重合2.1....

80,000円+税 技術情報協会 2017/07
19. 2017年版 水資源関連市場の現状と将来展望

微細気泡散気装置  脱水機  嫌気処理システム  海水淡水化装置・プラント <B. 水処理薬品・副資材>  ボイラ・冷却水用薬品  水殺菌・消毒用薬品  無機凝集剤  高分子凝集剤  活性炭  イオン交換樹脂  EDIスタック(電気再生式イオン交換装置)  <D. サービス>  水道事業の民間委託  下水道施設の民間委託  純水・超純水供給サ...

140,000円+税 富士経済 2017/07
20. 2017年 高機能添加剤・ハイブリッドマテリアルの現状と将来展望

イヤー)、耐衝撃改質剤(モディファイヤー)、α-オレフィンコポリマー、相溶化剤(オレフィン用)、相溶化剤(エンプラ用)B.電気的機能(5品目)帯電防止剤(低分子、高分子、導電性高分子)、帯電防止剤(無機系)、導電性カーボンブラック、CNT、グラフェンC.熱的機能(8品目)難燃剤(臭素系)、難燃剤(リン系)、難燃剤(三酸化アンチモン)、難燃剤(水酸...

150,000円+税 富士キメラ総研 2017/06

1-20 /304 前の一覧次の一覧